あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

徹子の部屋に沢木が!

昨日12/1、つけっぱなしのテレビにポンっと沢木耕太郎が映った。
なんと徹子の部屋のお客さまとして登場している。
びっくりしたぜい。

沢木といえば、あしたのジョー好きなら一度は手にしているのではないかと思うが、いかがでしょう。
とくに初期の作品等読むと、あちこちにあしたのジョーにふれている。
そこに描かれている燃え尽ききたいという願望、
生きて続けて行く事の挑戦、凶器、など若さゆえに誰もが持つ激しい感情がたくさん書かれている。
ジョーにはまってしまった頃の自分の気持ちが、投影されているようで、とにかくよく読んだものだ。

近年読んだ作品は、「檀」で一旦、止まっているのだが
昨日紹介されていた「凍」の話を聞くと、今だジョー魂が震える人との出会いを探しているんだ?!と、妙に熱くなってきました。

先月Qちゃんが、東京女子マラソンで華麗な復活を果たしたが、
再起がなぜこの大会でなければいけなかったのか?とよく問われていた。
「時間があの時から止まっているからだ」と答える彼女を見て
私は沢木がルポしたジョージ・ホワマンの言葉を思い出した。
一度は引退し老いてから、ボクサー再起を決意した彼はこんな事を言っていたと思う。

「リングで失ったものは、リングでしか取り返せない」

記憶なので、言い回しが違っているかも知れないが(リングで失ったものは、リングに埋まっている‥だったかもしれない)
この言葉は、すんなり私のジョー世界とリンクしてくるのだ。
力石とジョーとボクシング‥‥
この言葉は3つをつなぐひとつの鍵のような気がしたということだ。
沢木の本には、そんな鍵がいっぱい散らばっていると感じてしまう。

関連記事

拍手する

Category : 映像
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/90-9b9d4f02
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。