あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

花より男子

本屋の平積みで久々に道明寺を見たら、動揺しちゃいました。
むーん、やっぱり好きなんだな(*^-^*)

花より男子 完全版が出版されていた。
わー、いいな?、あしたのジョーでも出ないかな?。
もう先生の手許には、連載時の原稿はコミック化の時に
切り貼りして先生自身が直しちゃったというから、
雑誌からの複写しか、手はないわなあ。
でも、それくらい、安月給でもいいかからするわよ?。
せっせと画像を洗わせていただきますわよ?。
‥‥とここまで書いているが、この完全版を出しているのは
集英社!
講談社じゃないのさ、だからむなしい希望なんだよう、ヘヘ。

花より男子つーのは、ほとんど終盤になってから
初めて読んだマンガです。
アニメの再放映ではまって、追いかけ読みした。
だから、一緒に歩んできた読者はどう思ったかはわからないが
自分の感想だけで言うと、最後はとっても物足りなかった!!!
もうあそこまで来たら、思いきって、人生道明寺にかければよかったのにい!!
若いんだから、それもいいじゃあ??ん。ってさ‥‥。

かなりの長期連載だし、マーガレットだし、若い読者にも影響あるだろうしで
やはり、最後は良識的に幕を引くしかなかったのかもしれませんが、
最初の頃の読者はすっかり、いい大人になっていたはず。
そうなると、やはり、最後だけ若い読者のために‥‥だけのエンディングでは
満足いかないのではないかあ。

インタビューで神尾先生が、最後までつくしに
道明寺と花沢のどちらを選ばせるか迷った‥と言っていたのを
読んだ記憶があるが、あそこまできたら、どちらの男を選ぶ、が重要ではなく、
道明寺という男を選んで、その先のつくしの自分の人生の方向をどう選んでいくか、の
展開にしていくべきではなかったのではないか?

最後、地に足がついていて、現在の自分というものを知っているつくしだから
残る決心をした、というのが描かれた「つくしらしい」ラストだと思うが、
道明寺が自分が変わったのは、つくしのおかげという反面、
つくしは、道明寺の世界に進んで行こうとする行動や意志が、
ラスト感じられなかった。
「つくしらしい」雑草パワーが発揮されずのラストは、ものたりない。
無茶して飛び込む行動力を、見せてほしかった。

まあ、マンガの終盤、主役の二人よりサイドのストーリーに
先生の目線が移ってしまっていた感じもあるので、
パワーダウンは仕方なかったのかも。
長期連載の功罪ですね。

でもつくしと道明寺のコンビは
最高に好きだったので、本当にいつか、二人が
むちゃくちゃやりながら、社会で戦うマンガもいつか読んでみたいです。
生徒諸君、教師編が出るくらいだから、ないとはいえまい(笑)

今連載中のキャットストリートもなかなかです。

関連記事

拍手する

Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/86-09947a53
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。