あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

文化功労者にちばてつや先生

おめでとうございます!ちば先生!

2014年度文化功労者には漫画家のちばてつや氏(75)ら17人が選ばれた。
文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同4日に東京都内のホテルで開かれる。


「世界中の人を楽しませる文化のひとつと認めてくれたのかな、と思います」。
文化功労者に選ばれたちばさんは、柔和な笑みをこぼした。

 約60年に及ぶ漫画家人生の原点は「母親が漫画を読ませてくれなかったこと」だ。
隠れて読んだり描いたりしているうちにとりこに。
そして、自ら描いてきた数々の傑作により文化としての地位を高めることに貢献してきた。
「だから今、母親に『どうだ』って(言ってやりたい)」と笑った。

長年「ジョーは死んだのかどうか」という議論を呼んできたが、ちばさんは今年6月の本紙インタビューで当時の思いを回想。「描いている時は死んだとか死んでないとか何も考えなかった。ジョーは最高の舞台で最高の相手と戦い、ただ燃え尽きた。描いた私も青春の終わりに青春の全てを賭けて燃え尽きました」と熱っぽく語っていた。

 本紙の取材に、ほおを赤らめながら「漫画は人生そのものです。
何をやってもダメで『ぐずてつ』と言われた私ですけど、
漫画だけはちょっとだけほめてもらえるものでしたから」と半生を振り返ったちばさん。
今でも自らの野球チームの試合に一塁手として出場し、夫人と毎日のようにテニスを楽しむ。

まだ引退するつもりはない。
「残された時間と体力を考えながら。
私にしか描けない世界がきっとあると思うんです」


スポーツ報知 2014年10月25日より引用



関連記事:ちばてつや先生、旭日小綬章を受章
ちばてつや先生、紫綬褒章を受賞



(2014.11/5 追記)
TBSニュース「文化功労者を顕彰する式典、ちばてつやさんら出席」

11/4、学問や芸術の分野で卓越した業績を残し、今年度の文化功労者に選ばれた
芸術家や研究者らを顕彰する式典が、都内のホテルで開かれました。
文化功労者は文化勲章の受章者らとともに、
午後には皇居で行われる天皇皇后両陛下主宰の
お茶会に出席することになっています。


日本テレビニュース「文化勲章受章者と文化功労者招き皇居で茶会(東京都)」
皇居で4日、今年度の文化勲章受章者と文化功労者を招いた茶会が開かれ、
皇太子妃雅子さまも出席された。  
4日午前には、都内のホテルで文化功労者の顕彰式が行われ、
「あしたのジョー」で知られる漫画家のちばてつやさんら16人が出席した。  
午後には文化功労者と文化勲章受章者が皇居に招かれ、
天皇・皇后両陛下主催の茶会が開かれた。
関連記事

拍手する

Category : 人物
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/593-fa413493
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。