あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

平和祈念フォーラム2005とランティエ

ジョー仲間のお誘いで2/5(土)新宿住友ビル、
住友ホールにて公開された「平和祈念フォーラム2005」に参加してきました。
今回はゲストにちばてつや先生が登場、ご自身の満州引揚げの体験を語られました。

会場


第1部「漫画で語る戦争体験の労苦」
 水木しげる先生「兵士の労苦:転進」
 斉藤邦雄先生「シベリア強制抑留者の労苦:望郷」
 ちばてつや先生「海外引揚者の労苦:約束」

 それぞれ体験者の体験談をもとに、諸先生が絵を提供し
 映像として上映されました。
 語りは、大和田伸也さんが担当。
 引揚げ体験の語りをしながら大和田さんが、途中ご両親の体験談と重ねて
 声がつまる事もあり、こちらもぐっときてしまいました。

第2部「戦争体験漫画家などが語る フォーラム」
 司会に生島ヒロシさん、当時の戦時下の世相を解説する半藤一利さんに
 ちば先生、大和田伸也さんをゲストとして戦争体験を通じて、
 当時の様子や現在の日中関係などを中心に、意見交換されました。

 ちば先生は「屋根裏の絵本かき」「家路」などでご自身の戦争体験を
 漫画にされているので、多少の知識は持っていましたが、
 周囲の中国の人の様子の激変化や、お父さんと恩人の叙さんとの当時の様子など
 辛い思い出と楽しい思い出を、両方語られていました。
 中国への思いは、体験者によって温度差がありますが?という質問に、ちば先生は
 辛い引揚げ体験だけではなく、中国の方によくしていただいた思いもあり、
 日中でできるだけ、仲良くしていこうと努力をしているというお話もされました。

戦争体験者は、なかなか自分の辛い体験を話したがらないという事、
太平洋戦争に日本が流れていった外郭、満州引揚げ、シベリア抑留の経緯など
あらためて、知る事ができた話もありました。


会場は満席で、一部会場の外にも追加で椅子を設けるほどの盛況ぶりでした。
会場の横には、ちば先生の戦争体験を描いた絵も、飾られていました。
多くは、毎年蒲田で開かれる「わたしの八/十五展」に出品されたものでした。

原画

講演が終わると、先生は相変わらずの人気で
サインを求める人にすぐに囲まれていました。
そういいつつ、自分たちもしっかり、先生を囲んで写真を撮っていただきましたが‥‥(^^;)。

握手


------------------------------------
講演後、久しぶりのジョー仲間とオフ会してきました。
昨年は、殆ど会う機会がなかったので、非常に楽しい会合となりました。
ジョーに対する読者の変化など、時代とジョーとのつながりを
再度見つめ直してほしい?という意見などが出て、
それぞれの熱い気持ちが、伝わりました。


そういえば、最近創刊されたランティエという雑誌
ジョーのいた時代をふりかえる、というような特集があった。
(表紙は日本刀を持った和服女性の腕のアップ‥‥ちぃいとKill Bill風‥‥)
ざーっと立ち読みした限りでは、どこかで見たような特集の仕方だったので
工夫ないのでは‥‥??という感じだったが、この雑誌のターゲットは大人の男、
という事だそうで、この特集見た印象は、
男のロマンがいっぱいうまっていた時代(60?70年代)=ジョーの時代だったらしい。が、
なんか熱さのない感じの記事に、ロマンというより昔はよかったというような
郷愁めいた感じがして、ジョーをそういったネタのひっぱりに
使ってほしくない気持ちがわいたのでした。

関連記事

拍手する

Category : イベント
Posted by akeru on  | 0 comments  1 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/57-525cca6d
「満州での生活や引揚げの体験を語る」スペシャルトークイベント ちばてつや先生×森田拳次先生
ちば先生の最近のライフワーク(←と勝手に命名)「引き揚げと戦争を語る」イベントのお知らせ。 --------------------------------- 平和祈念展示資料館の記事、引用 -------------------------------...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。