あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

出崎統監督、告別式

2011年4月17日に亡くなった出崎統監督。
21日午前9時半からとりおこなわれた、告別式に
ジョー仲間と参列してきました。

小雨が降り、春とは思えない寒い日でした。

CA3G0455.jpg

祭壇上には、以前アニメージュにて「出崎統伝説」という特集記事がありましたが
その時に、撮影されたと思われる遺影が、飾られていました。
タンガリーシャツにジーパンで
ちょっと照れた風に、頭に手をかざした写真です。

CA3G0452.jpg


告別式にて語られた、お別れの言葉の中で
ずっと入院していた監督が、去年の暮れに
わざわざ出向いてきてくれたこと、
その時には、左肩が不自由になっていて、大変ショックだった事
」など、
大変な闘病だったことを伺わせる内容もありました。

お兄さんの出崎哲さんが、
兄がいうのも何だが、弟は才能あふれた映像家だった。
それ故に、作品へ傾ける大きな情熱のため、
皆さんにもご迷惑をかけたかもしれないが、
どうぞ、許してやってください
」、と
涙ながらに語っていらした。

(各人が語られた内容は、
私の記憶によるものなので言葉の使い方は
実際とは違っているかもしれません。
全体のニュアンスが伝われば‥‥と思います)

CA3G0449.png

お焼香がおわり、故人とのお別れの準備となった少しの間、
監督の16歳の頃に描いた漫画原稿と
最近の年賀状、詩作等とともに、遺影も外に飾られました。

皆、食い入る様にそれらを見たり
画像におさめたりしていました。

漫画原稿は、手塚治虫先生の影響を伺わせる絵柄で
ペン入れもしっかりとした、綺麗な原稿でした。


そして、最後のお別れ、としてひとりひとり、
監督の柩に、菊の花を添えてきました。

横たわった監督は、シンボルともいえるサングラスをかけていました。
そしてタンガリーシャツです。
あの遺影と同じものだったのでしょうか?
静かなお顔を間近でみたら、もう涙が止まらなくなりました。
どうして、人は亡くなると、あんなに小さくなってしまうのでしょうか。
それが、本当に寂しい。


いつのまにか、空は少し明るくなって
ほんのり、暖かくなっていました。
隣の多摩霊園の桜が、ちらちらと舞っています。

焼き場へ向かう車を見送りながら
友達と
こんな春も終わり近い、いい時期に逝っちゃうなんて。
最後の最後迄、演出しちゃうなんて、本当ににくい人だよね
」と
話したりしました。


告別式は、静かに静かに終わりました。

お通夜の様子は、前日にNHKのニュースで取り上げられたようですね?

出崎統監督の新作が、もう見られないのが
まだ実感できません。



かなり記憶も、曖昧になってきた頃のレポで大変申し訳ありません。
自分メモでもありますので、ご容赦を。



(追記)
NHK「かぶん」ブログ:2011年04月20日 (水)
出崎統さん通夜:富野 由悠季さん、ちばてつやさん、りんたろうさんインタビュー紹介


伊集院光 深夜の馬鹿力 2011/4/18 出崎統氏追悼

オタ育児:出崎統監督のお通夜に参列してきました


(5/18 追記)
丸山正雄さんのツイッターより引用

「松谷社長の送辞に説得力。
アニメ界の人材育成の為如何に金をかけようとも、たった一人の出崎統には叶わない。
「ジョー」が「エース」が「ガンバ」が映像の魅力を魅せつけ、
多くの人をアニメ世界に引きずりこんだか測り知れないものがある。
出崎統の存在がアニメの興隆を促したと言って過言ではないと。
https://twitter.com/#!/MasaoMaruyama/status/61071321764855808
4月21日」

「若い頃おさむちゃんと西行は凄いと話した事を思い出した。
願わくば花のもとにて春死なんその如月の望月の頃。
望月の如月だったっけ?
旧暦の如月は今は4月。
おさむちゃんやったね、もう散りかけたけど間に合ったね。
https://twitter.com/#!/MasaoMaruyama/status/61048712679522306
4月21日」
関連記事

拍手する

Category : 人物
Posted by akeru on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

akeru says...""
ダヲスさん>
おおーー!
本で見た事あったなあ、アニメージュだっけ?と
思っていましたが、『DIRECTOR'S』でしたか。
持っているくせに、思い出せませんでした!
カメラマンは関根虎洸さんですね、
情報ありがとうございます。

パパイチさん>
思い出の中に生き続ける。
まさに、出崎監督は自分たちの力石であり、ジョーでありに
なってしまいましたね。

サクラ☆さん>
監督の訃報は残念ですが、
サクラさんのように、新しいジョーのファンが生まれてくることが
とても心強いです。
このように、きっと受け継ぐ新しい才能も、育っていきますね。
2011.05.08 23:06 | URL | #oXhXGzIE [edit]
サクラ☆ says...""
akeruサマ

レポ、ありがとうどざいます<m(__)m>大おじぎ

お人柄が偲ばれるお写真・・・遺影にパソの前で手を合わさせてもらいました<m(__)m>

ジョ-を知ったとたんの訃報(p_-。)くすん

講演とか参加させてもらいたかったです(ToT)

きっと、監督さんの後を受け継ぐ方達が

みんなに夢と希望を届けてくれると信じてやみません☆

サクラ☆ジョ-が大っ好きデス☆☆☆


2011.05.07 19:30 | URL | #- [edit]
パパイチ says...""
レポありがとうございます。
亡くなられたなんて、まだ信じたくないですが、出崎監督の想いは、作品の中で生き続けていますよね…。
2011.05.05 21:56 | URL | #n6nU.S1U [edit]
ダヲス says..."告別式"
当日はご苦労様でした。

あの遺影の写真は『DIRECTOR'S』の出崎監督特集号で撮影されたものと同じでした。
撮影者名が関根虎洸さん(元ボクサーの写真家)と明記されてます。
ここで撮られた写真のバリエーションが各雑誌等に使われたみたいですね。

監督の新作はもう見れませんが、意志を受け継いだ方々がきっと素晴らしい作品を発表してくれると思います。
2011.05.05 14:09 | URL | #EBUSheBA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/470-864af048
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。