あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

「佐竹本三十六歌仙絵巻」まんが版完成

このところ、ちば先生の活動記録が続く‥‥。
漫画連載はなくても、忙しい先生。こうして先生は日夜働いているのだった。
記録もかねて、以下記事の抜粋。

-------------------------------------------------------
著名漫画家らが描く国宝「佐竹本三十六歌仙絵巻」のまんが版完成

万葉、平安歌人36人の肖像と詠歌を記した国重要文化財「佐竹本三十六歌仙絵巻」を、著名漫画家らが描いたパロディー「平成版まんが三十六歌仙」が完成し、報道陣に公開された。建都400年記念事業の一環で秋田市が制作した。

ちば先生ほか、森田拳次先生ら日本漫画家協会所属の36人が歌人を1人ずつ担当。詠歌から浮かんだイメージを色紙に自由に表現。

同事業総合プロデューサーの石川好・秋田美術工芸短大学長は
「子供たちが和歌を覚えるきっかけにもなる」と話した。

まんが三十六歌仙の原画は24日?12月5日、同短大で一般公開される。
記念図録を1000部製作し、秋田市内の学校や図書館などに配布するという。

毎日新聞 2004年11月19日

-------------------------------------------------------
秋田市文化財展「特別展示」での模様

(---12/2 記事追加----)
もとになったまぼろしの国宝「佐竹本三十六歌仙絵巻」はこちら。
鎌倉中期に藤原公任が和歌に秀でた、万葉歌人三人に
平安歌人三十三人を選び、絵は藤原信実、書は後京極良経と伝えられる
現存する最古の歌仙図だそうで、
このたび、復元された掛け軸は大英図書館に 永久保存されることになったそうです。

まぼろしの国宝と言われる経緯は、こちらで。→「佐竹本三十六歌仙絵巻」の切断・切り売り事件

関連記事

拍手する

Category : イベント
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/42-3028f7c1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。