あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

ヒストリーチャンネル「マンガが戦争を描く時」

ちばてつや先生のサイトで告知があったのに、うっかり失念していたのだが、
昨晩(8/15 PM8:00?9:54)偶然にも鑑賞できた。

49.png


はだしのゲンの作者中沢啓治さんの、これまでの道のりや現在の活動をメインに
色んな立場の漫画家が、それぞれどんな思いで戦争を題材にしたマンガを描いたのか、
描いているのかを語る内容だった。
(色んな立場というのは、出征した人、被爆と戦っている人、戦争を子供の時体験した人、
戦後生まれの人、戦後を生きているからこそ戦争を考えなくてという人、
今も戦争の苦しみと戦っている地の人、そんな立場)

他とりあげられていた漫画家は
水木しげるさん、ちばてつやさん、里中満智子さん、かわぐちかいじさん、比嘉慂さん

今回初めて知ったのだが、海軍が発行し、戦線の兵士のためだけに作られていた雑誌、
戦線文庫」というものがあった話が興味深かった。
戦地の兵士の士気高揚のために、内地の検閲、統制とは切り離され
日常生活の話題や笑い、化粧する女性の挿絵や、娯楽小説、はては女性のグラビアまでと、
本当にこの時代の雑誌なの?と思えるほど、ゆるやかだが
自由な表現や笑いがいっぱいの内容であった。
この雑誌の読者は、明日は死んでいるかもしれない、という中で読んでいたのだ、
ということを知るにつけ、なんだがひと時の夢、幻を詰め込んだもののようで
寂しい気持ちがふわっ‥‥と広がる感じだった。

ちば先生は、全体10?15分強くらいの内容だったか、
紫電改のタカ、屋根裏の絵本描き、をとりあげて
満州引き上げの話、
タカを連載時、戦闘機をスポーツもののように扱うことへの抵抗に苦しんだ事などに
触れられていた。

戦争時の事は、あまり思い出したくないし話すのもはばかれる、
けれども、マンガで描いたら少しは体験を柔らかくして、
皆に語れるかなあと思って「屋根裏の絵本描き」を描いたと話していました。
あの隠れ住んだ屋根裏で、マンガを描いて人に喜んでもらう体験をしたことが
マンガを描く原体験にもなった事も、改めてお話していました。

タカのラスト、城太郎は特攻するために出撃する。
その日、母とノブちゃんが慰問のために、基地のある駅に着く所で終わってしまうが、
ちば先生は「とても城太郎が戦闘機でつっこむところまで
描けません、描けませんでしたよ、」と言葉を少し強くして言っていた。


他漫画家さんの取り上げられた作品も、どれも厚みのある内容であった、
その中で印象に残った部分を少し‥‥。

中沢さんの娘さんが、
マンガで原爆を扱うことで、原爆で食っている、と
父や母へ誹謗もあったそうだ、と
ぐうとこらえるように、でも目をしっかり開いて、話した一言が響いた。

比嘉慂さんのマンガが、さらりとあらすじを紹介されただけだったのに、
ぽろり、と涙が出て来た。

再放映の予定/17日(金) 20:00
       19日(日) 21:00



えーっと最後に不謹慎な?話題。
ちば先生のいつもの応接間でインタビュー受けていらしたのですが
窓際の上の方に、EDWINのミニポスターがずらっと飾られていました。
昔、このジョーと力石とおっちゃん、はお店で見た事があったのですが
なんと、葉子のものもあったのを、ここで初めて知りました!
葉子が髪を結い上げて、豪華なソファに座っている絵をベースにして
ジーンズはいているわけです!
うわ、ちゃんとみたい??!!!画面ではちらっと、ボケッとしか映らないのだもの!!



以下、拍手のお礼‥‥

拍手する

Category : 映像
Posted by akeru on  | 5 comments  0 trackback

-5 Comments

akeru says...""
08/17. 23:18 投稿の方>
コメントをいただき、ありがとうございました。
すっかりお礼が遅くなってしまい、本当にすみません。
葉子さんのジーンズ姿への情報、感謝です!
ジョーは長く愛される作品ですよね、私もこんなに長くあしたのジョーを
おいかけることになるとは、思いもしませんでした。
イラストもまた、ちょびちょび描いていきますので、気にっていただけたら
ぜひぜひコメントお寄せください。
更新のろのろサイトですが、どうぞ、よろしくお願いします。

きなこさん>
私も、紫電改のタカ読み返してしまいましたよー。
ジョージと城太郎の短い友情は、悲しいですね、トマス兄とも和解できなかったし。
(しかし、ジョージって初登場の時と後半は、顔が違ってますよね、鼻とか‥‥
しかもモスキトンとも同じ顔だし‥‥ち、ちば先生~~!^_^;)

アマゾンのカスタマーレビューに、「味方の中に敵(黒岩、花田)、
敵の中に友情(ジョージ、トーマス、モスキートンなど)を配置するところが奥行き深い。 」
とあったのですが、すごい、鋭いなあ、と感心しちゃっいました。
2007.08.24 14:25 | URL | #oXhXGzIE [edit]
きなこ says...""
こんばんは~
久々に「紫電改のタカ」を読み返していたので、こちらで城太郎に会えて感激です~(ToT)背面にジョーが航空服(間違っていたらごめんなさい)を着ているのが、同じ若者だというのに戦争に行かなくてはいけなかった不条理さを感じ胸が苦しいです。
まだ読んでいる途中ですが、城太郎がしきりに命の大切さを説いているのが何とも切ないです。城太郎も「戦線文庫」読んでいたのかなあ…
2007.08.18 23:14 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.08.17 23:18 | | # [edit]
akeru says...""
色塗りが苦手なので、単色で逃げているakeruでーす。
私も父が酔ったときに、たった1度だけ大阪空襲の話を聞きました。
思えば、それっきりでしたが、ちょっと衝撃ありました‥。
軍人として戦争に行かれた方には、さらに過酷なお話があるのでしょうね、
いつか、なにかの形で表現できる機会もくるのではないでしょうか。
2007.08.17 20:02 | URL | #oXhXGzIE [edit]
薔薇園乙女 says...""
ジーンズの葉子v-237それは見てみたいです(・∀・)/

今回のモノトーンのイラストも素敵ですね。
akeru様のトーンの重ね使いとてもお上手ですよね~。
私は単純にベタッ!とやることしか出来ません(@_@:)

私事で恐縮ですが. . .(. .;)
戦争マンガ. . .私の両方の祖父が軍人だったので伝え聞いた戦時中の話、どうやって生き延びて日本に戻って来たのかをマンガに出来ないかなぁ. . .と考えることがあります。
自分の画力も画像資料も無いので難しいのですが..(´_`;)
2007.08.16 23:17 | URL | #PXXG49oI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/221-1699abde
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。