あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

マルコポーロの冒険

杉野さんがキャラデザインしていたNHKのアニメーション紀行、
マルコポーロの冒険

17.png


別ツリーのコメント欄で話題にしてから
なんだか無性に見たくなってきましたので、ちょっと取り上げ。
これを見ていた頃は、キャラデザインが誰とか
演出が誰とか知らなくても、なんとなく「におい」を感じ取って
アニメを見ていました。
きっと同世代の皆さんもそうだと思います。(^^)

すごく熱心に見ていたし、ロマンアルバムやレコードやら
それこそ、アニメージュの表紙も持っていたのに、
今更気がつくと、もうほとんど手元に残していなかった‥‥。
(2枚目のLPと小椋佳さんのCDだけは、残していた)
ガーン。

当時はシルクロードブームでアニメとドキュメンタリーの部分を
交互にはさんで進んでいく、めずらしい作品でした。
ドキュメンタリーの部分はあの小池朝雄さんで、
だみ声が心地よいナレーションとなっていました。

今更調べてみると、アニメの製作部分など
かなりカットされて放映していたらしいですね。
確かに、もっとつっこんだシーンや展開を見たくなる時もあったなあ。

私の印象に残っている話は

麻薬で暗殺者にしたてあげられそうになったマルコ。
それを助けて、一緒に逃げた女の子の背に、矢が刺さってしまうという話。
(第10話 暗殺者教団の谷)

この山を越えるとモンゴル、という手前の村で、快活な女の子に会う話。
草原をかけるシーンがすごく気持ちよかったと記憶。
(第19話 天山に消えた少女)

塔に捕われた老人が雁を使って、連絡をする話。
(第26話 百雁の便り)

象使いの青年と娘さんの悲恋、やたら泣いて見た記憶が……。
(第35話 巨象の怒り)

コカチン姫との別れ、チンギスハーンの死、などこれが最終回?って
思ったほど盛り上がった(第42話 大いなる旅路)

でした。


詳しい話数は、「IL MILIONE」さんのサイトで把握しました。
こちらには、貴重なマルコの資料が満載で、見ているだけで幸せになります。


マルコの性格はどちらかというと
優等生で、これといった特徴などないのですが
富山敬さんの声のお陰なのでしょうか、
なにか純粋さや物事にむかう素直な心、というのが
まっすぐに伝わる感じでした。

やはりシルクロードの実際の土地や生活も
アニメとはさんで見る事で、よりイメージを広げて飛ばすのに
役立ったのでしょう、見終わる度に自由な空気を残してくれたように
思います。

小椋佳さんのCDを引っ張り出して、しばらく浸ろう?。
(残念ながらこのCD↓には、EDで使われた「それが夢ならば」が入っていないのね。
なぜなのかな?
CD収録はコンプリート・シングル・コレクション 1977~1988 / 小椋佳にありました。)

マルコ・ポーロの冒険(紙) マルコ・ポーロの冒険(紙)
小椋佳 (2003/03/19)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


LP↓杉野さんのイラストが素敵?。

yomuj.jpg

関連記事

拍手する

Posted by akeru on  | 7 comments  0 trackback

-7 Comments

akeru says...""
2008.01.15のコメントくださった方>
素敵情報ありがとうございました!!
懐かしくて、そしてわくわくしました、感謝しております。
マルコポーロという作品は、息の長い草の根のファンの活動で
長く長く続いているんだなあ、と実感しています。
2008.01.18 11:47 | URL | #oXhXGzIE [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.01.15 19:25 | | # [edit]
ひでじい says..."かあさんおはよう"
マルコ・ポーロ、当時小学生低学年?でしたが私も好きでした。
まだガキだったので、母を尋ねて三千里のマルコが青年になった話なのかと思って観た記憶があります…
再放送しないのは色々複雑な理由があったんですねぇ。。レアだなぁ。
2007.05.31 13:52 | URL | #nT3WEj4s [edit]
akeru says...""
natsumiさんにも喜んでいただけてハッピー!
そういや古代君にクリソツでしたね!あら~ふふふ、
でも杉野絵だと、こういう印象になるんですね~。

以前ジョー仲間と行ったことのある、横浜の放送ライブラリーで
(↑ちば先生のサイン会があったのよ、ほほほ)
かろうじて「マルコ・ポーロの冒険〔1話〕 はるかなる旅立ち」だけは、見られます。
このときは、時間の都合で見られなかったのですが‥。
http://www.bpcj.or.jp/

あと、「それが夢ならば」がアルバムに収録されなかったのは、
このLP出した時期より、後に放映されたからだらしいです。
そういや「それが夢ならば」は、中国編のEDだったかもしれません。

なんだかマルコ漬け~。
2007.05.31 12:31 | URL | #oXhXGzIE [edit]
natsumi says...""
マルコだぁ~!!かわいいです!!
マルコって、声が富山さんでキャラデザがちょっと古代進に似てるんですよね~。絵は杉野さんだけど^^私が杉野さんを本格的に意識するようになったのはこのマルコポーロです!
マルコサイトの紹介ありがとうございました!
「マルコポーロの冒険」は実写とアニメが見事にマッチしたドキュメンタリータッチの番組で、後にも先にもあんな番組はなかった気がします。毎回印象深いお話ばかりでしたよね。
番組のほんの一部でもいい、ほんとワンシーンだけでも、なんとか再放送してもらいたいものです。
2007.05.31 07:26 | URL | #fYdA4Rtg [edit]
akeru says...""
きなこさんのお陰で、私も、マルコを思い出した次第ですよ~!
あぁりがとぉう!(谷村新司風)
矢で打たれた女の子がいたのに、ざくっと
幕切れしたような印象が残ってます、確かに印象的なエンドでした。
マルコは、リンクサイトさんにあったセルを見ながら、描いたのですが
雰囲気が伝わってくれて、よかったです。
なんとか見られるように、私もリクエスト出さなくちゃあーっ!
2007.05.30 23:55 | URL | #oXhXGzIE [edit]
きなこ says...""
うひょ~~っ!!(←おっちゃん化)
遠い彼方の幻のような番組がこんなにも詳しく見られるなんて
ありがとうございます!
しかもakeruさん画のマルコ、とっても爽やかで素敵です~♪
モンゴルの草原に佇むマルコのように見えます。

印象に残っていらっしゃるお話がこんなに多いとは、akeruさんの記憶力素晴らしいですね。
私は好きといいながら、いかにぼんやり~見ていたんでしょ^^;
でも、今、「暗殺教団の谷」が蘇ってきました!
最終回が結構、衝撃的で切ない終わり方でしたね。

当時のLPやCDを残していらっしゃるだけ素晴らしいですよ~
EDはこれまた全然記憶にないんですが…
それにしても「いつの日か旅する者よ」名曲ですね♪

益々見たくなってきましたマルコ…
何とかならないのでしょうか?
何とかしろい!NHK!
2007.05.30 22:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/197-1b9b6ea8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。