あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

ETV特集感想、また書きなぐり!でも真剣。

コメントいただいて、お返事書いていたらみょーに
長くなってしまったので、記事として投稿しておきまする。

まずは、こんな殴り書きにきちんとしたコメントつけてくださり
すみません、ありがとうございます。

実のところETV特集、満足度は8割で
かなりよかった!!!と感じております。
ただ、見ているうちに欲がバクバク出てきて、
この辺の語りやあの辺の視点も欲しかったな?と
そんな感じがちらっと、ほんと、ちらっと残ったので
とりあえず書き留めておいた、という感じでした。

やはり、当時の世相とジョーを並べてみてみたいと思いつつも
文章だけでは、なかなか臨場感がわきません。
こうして、映像や経験者の語りが見る事ができて
ジョーのストーリーと時代を俯瞰する体験ができて、
ジョーと時代が、セットで語られる事が多い理由を
今更ながらに痛感しました。

語り手も、聞きやすい言葉で丁寧に語ってくれて
理解の手助けとして、よかったです。

>しかし、「ジョー」はあの頃ヒットした懐かし漫画ではなく、
>現在も新たなファンを増やし読み継がれていますよね。
>時代も世相も違うのに何故なのだろうか?

そうですね、
ここが実は作品にとっては、本当に重要な部分と思います。
確かに、アニメしか見た事がない、原作は読みにくい、という人も
いることはいるのですが、
あしたのジョーという作品自体は、今も受け継がれているわけです。

ひるがえって、番組で「燃え尽きる」が「生活のない状態の終焉」
との言葉ありましたが
たしかにその通りの部分もある、と思いつつ、
もう少し、その先に、なにかあるような気がして
それをもう一度、考えてみたいなあ、という気持ちにもかられました。
そんなわけで、刺激的な番組でした。

また書くこともあるかもしれませんが
今の勢いで、こんな気持ちでした。

関連記事

拍手する

Category : 映像
Posted by akeru on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

akeru says...""
きなこさん、まさに!!
ジョーの歩いてきた道のりそのものを、私たちはかみしているんですよね~。
ちば先生の最後の語りは、いつでも前を見つめている
ジョーと同じで素敵ですね。
2007.03.27 22:53 | URL | #- [edit]
きなこ says...""
度々失礼します~
私も「燃え尽きる」が「生活のない状態の終焉」という
言葉に引っかかりました。
単純にそういう意味だけだったら果たして
時代を越えてこんなに長く読み継がれてきたかなあと…。
私は「燃え尽きた」という表現は、結果というよりむしろその過程の方に目を向けるべきだと思いました。
この結果に向けてジョーは生きてきたわけじゃなく
その時その時を真剣に生きてきた結果、「燃え尽きた」と思うので。
最後のちば先生の「決して終わりではない…」というメッセージも
そんな意味も含んでいるのかなと勝手に思ったりしています。

2007.03.26 23:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/177-9ea1391a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。