あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

昭和精吾さんと力石の葬儀

昭和精吾さんのWEBサイトで、力石の葬儀の頃の画像や資料が公開されていた。

2007/2/3 桟敷の部屋感想

◎当日の葬儀の進行が書かれた天井桟敷側の構成表の画像が!
(昭和さんの記憶によれば、構成が東由多加氏(元・キッドブラザ?ズ主宰)と、
在団していた天井桟敷側との二部構成になっていたような気がする。とある。)
これ、寺山さんの文字と思うけど、臨場感ある文章だなあ‥。

◎渋谷ジャンジャンでの「力石の葬儀の再演」舞台後の、
なごやかな梶原氏とのやりとりなどは新鮮だった。
当時あの舞台、友達らと見に行ったっけ‥。
地下の劇場というのは、初めてで、開始そうそうおたけび(怖かった‥)や
おどろおどろしい音の洪水など、学生だった自分は、すごくびっくりした記憶がある。
芝居というと楽しく明るくのイメージしかなかった当時稚拙な感覚の私は、
アングラというのを実体験した、という位の感覚しか残せなかった。
あの雄叫びは、昭和さんが当時を蘇らそうと、腹の底からしぼった叫びであったはずなのに。
今なら、もっと色々感じられるだろうか‥。
そうでありたい。

2007/2/14 精吾の部屋感想

◎ジャンジャンの看板画像が‥。懐かしい?。多分、行ったのは8/4の日曜日だ。

◎この頃だと、ちば先生の連載は「あした天気になあれ」と「のたり松太郎」あたりかな。
ちば先生の太陽君が、だんだんかわいらしいキャラになってきた頃だと思う。
当時ちば先生に「太陽君がかわいくなってきましたね」と話したら、
すごい勢いで顔をこちらにむけ、視線は一直線で「本当?そう感じますか?」と聞かれて、
ちょっと驚いた記憶が‥。

◎寺山さん奥さんだった九条今日子さんも、舞台にいらしていたんですね。
ボクシングマガジン1985/10月号、探して実際の記事、読んでみたい。

関連記事

拍手する

Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/170-560ec9d4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。