あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

銀座・彩鳳堂画廊でのちばてつや50年の足跡展行ってきました

いまさらの報告ですが、NHKのニュースでも出ていた銀座・彩鳳堂画廊での
ちば先生の個展、初日に行ってきました。
2006.9ginza.jpg


例によって友人と朝一で駆け付けたんですが
銀座の画廊という場所柄か、やはり会場には独特のムードが漂っていました。
入ると壁一列に、ずらーっとしかし整然と原画が飾られていました。
いつもより、ちょっと緊張して見ましたよ。

彩鳳堂画廊のHPでも見られますが、今回特別にB5サイズ位の
シルクが4種類限定販売されていました。
ジクレー版画という手法だそうで、従来の方法よりも細かいタッチの表現に優れているそうです。
確かに、シルク独特の色版のべたっとした感じはなかったなあ。

会場には続々とお花が届いていたけど、目を引いたのは沢村忠さんというお名前‥。
キックの鬼?!どんな縁がその後、あったのかな?。

2006.9ginza1.jpg

先生は11:30頃に会場入り。
待ち構えていたNHKの取材班にとりかこまれて、すぐにインタビューと撮影となっていた。
芸術の街銀座画廊で漫画原画の展示会、ということにどう感じるか、
漫画が世界で注目されている文化であることと、今回の流れは合致しているのかなど
ちょっと、一定視点からの誘導っぽいインタビューをしていたけど、
実際、テレビで放映された部分は、ふつーに銀座で個展ができてよかった、という
感じのコメントのみ使っていた‥‥アハハ‥‥メディアって‥‥。(^-^;)
2006.9ginza2.jpg


原画はジョーがもちろん一番多かったですが、
私の好きなむかーしの講談社文庫の表紙に使われていた紫電改のタカの絵があって
嬉しかった。この文庫の表紙はどれも好きなんじゃ!
絵のタッチから、あしたのジョー連載中に描いたものと思われる。

友人らと先生自身にお伺いしてみたら「確か、表紙の絵が足りないと言われて
描いたような記憶があるけど‥。
たしかにこっちにある連載時の絵の目は、少年だけど、
こっちのはすべてを知ってしまったあと‥という
感じの目になっているよね」とお話してくれました。
2006.9ginza5.jpg

123と45ロクの絵を見ながらでは「まだ未熟な塗り方だよねえ」と
おっしゃっていましたが、とんでもないです!!!
私からすれば、こんな明るく華やかな元気いっぱいのカラー、神業です!!

そういや松太郎の絵が2枚ほど並んでいたのですが
松の目も、後半のものは、クリクリと大きな目になっていたのを
今さら気がつきました。

ジョーが紀子に真っ白な灰の話をする原画も飾ってありましたが
先生は、しばらく、その原画の前にたって見つめていました。
「重要な場面だからねえ」とその理由を話してくださいましたが
先のインタビューの時、「原稿描いた後は、見直さないんだよ、
見ると描き直したくて仕方なくなるから」と
お話されていたのが、ちょっと頭の片隅によぎりました。
もしかして、ふと、今ならこんなふうにしたい、とか思われていたのかも‥と
無想してしまいました。


ということで、銀座の個展は10/14(土)迄、まだまだ続いております。
ビルの上なので、見つけにくいかもしれませんが
銀座に行かれたら、足をのばして見てきて下さい。
2006.9ginza4.jpg


関連記事

拍手する

Category : イベント
Posted by akeru on  | 6 comments  0 trackback

-6 Comments

akeru says...""
ほんと、あの忍者っ子はどんな素性のコだったのでしょ!?
>城太郎がひとりポツンと見張り台で空を見上げてますが、
ああ、いいですねー。
なにか泣叫ぶような悲しみを通り越してしまった、
という感じですよね、いいですよ。
2006.12.05 11:48 | URL | #oXhXGzIE [edit]
きなこ says...""
akeruさん
おっしゃるとおりです。特に多くの子供たちが読んで
命の重さを知ってほしいですね。

やはり「まさかり特訓」が最大のナゾですよね?!
危うく話が忍者養成になりそうでした。
いっしょにいた日本昔話に出てきそうな子も何者でしょ??

ラスト近くで城太郎がひとりポツンと見張り台で空を見上げてますが、
上の画像はなんかその時のイメージと重なっています…。
2006.12.02 22:18 | URL | #- [edit]
akeru says...""
きなこさん、コメントありがとうございます!
紫電改のタカもずしんと心に残る作品ですよね。
この城太郎の目にひきつけられましたか!
すっごい嬉しいです。
おじいさんのまさかりの特訓とか、うふ??と
思うところもありましたが、
夢を抱きながら、それを語る事さえできない時代を
たくさんの人に知ってほしいですね。
2006.12.01 22:23 | URL | #oXhXGzIE [edit]
きなこ says...""
初めまして、きなこと申します。
ダヲスさんのところでこちらを知り、城太郎の画像に引きつけられて
来てしまいました。(すごく遅いコメントですみません…)

昨日、「紫電改のタカ」を初めて読みました。(今年出た中公文庫です)
読み終えてから、ずっと重苦しくて切ない気持でいっぱいです…。
白根少佐が戦死したところから既に泣けてきて(早っ!)
ラストの城太郎が「日本は負ける…。」と言ったあたりからは、もう読むのが辛すぎます…。ジョーと共通したひたむきさと孤独感に胸を打たれました。突っ込みどころもありますが、それを差し引いても名作だなと感じる作品でした。


2006.11.30 21:07 | URL | #- [edit]
akeru says..."銀座・彩鳳堂画廊でのちばてつや50年の足跡展行ってきました"
どもー。
最終日に体調悪くて行けなかったので、友人と会えなかったのです。
また次の機会に!ということになっているので
ちょっと先になってしまいますが、必ずお渡ししますね。
2006.10.20 13:42 | URL | #oXhXGzIE [edit]
ダヲス says..."銀座・彩鳳堂画廊でのちばてつや50年の足跡展行ってきました"
NHKのVTRが手には入ったらよろしくお願いします。
2006.10.19 16:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://zenmaitumugi.blog8.fc2.com/tb.php/142-d5aaac23
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。