あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

アニメジャパン:文芸あねもねCD特典にちば先生しおり

今更情報ー。
開催中のアニメジャパンにて、
文芸あねもね朗読CDを購入すると、
描き下ろしの、ちばてつや先生他のしおりがつくそうな。http://www.joqr.co.jp/anemone-r/



てっぺいくんの4コママンガしおりだったみたいですね。

拍手する

関連記事
スポンサーサイト
Category : イベント
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

タブロイド紙「MANGA ARCHIVOS(マンガ アルチーボ)」にて「あしたのジョー」掲載

スポーツニッポン新聞社による週刊マンガタブロイド紙
「MANGA ARCHIVOS(マンガ アルチーボ)」が、3月20日に創刊。
価格:1部200円

001.jpg


第1話から最終話まで昭和のマンガを復刻連載していく
「傑作昭和マンガシリーズ」の第1弾に、「あしたのジョー」が選ばれ、
3/20創刊号より、掲載開始中。


マンガをお楽しみいただいた後は終面でスペシャル企画「PREMIUM joe」を収録。
創刊号には辰吉丈一郎さんがコラム「丈と丈」を執筆している。
今後、森川ジョージ先生、具志堅用高さん、ガッツ石松さんらが登場予定。
また「あしたのジョー」やボクシングに詳しい読者とファイトする
「ジョー識問題」なども掲載されている。

お求めはお近くの毎日新聞販売店で。
お問い合わせはフリーダイヤル(電)0120(4612)10 まで

スポニチニュース
**********

上記のフリーダイヤルに問い合わせたところ、
52だったか53週の約1年にわったての掲載だそうです。
ということで、定期購読を頼んでしまったよ www

Category : グッズ
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

のたり松太郎!アニメ化>暴れん坊力士!!松太郎(3.12声優にマツケンさんを追加)

のたり松太郎!アニメ放映のニュースです。
拍手からの情報ありがとうございました。

タイトルは「暴れん坊力士!!松太郎」
テレビ朝日4/6(日)
あさ6:30〜7:00放映

公式:暴れん坊力士!!松太郎

なにやら、松の声は…日本中がその名を聞けば耳を疑うであろう超大物らしい。
まさか力士じゃないよね・・・それは勘弁してくれ。

アニメ絵柄的には、力入っている感じです。
しかし・・・改めて1話の松って一応中学生だったの、すっかり忘れてましたよ!!!
(まあ3年留年してるけどね)



(3/12 追記)
松太郎の声優が「松平健さん」になることを発表されました。
たしかに、意外な大物人選!!
そういわれて、よくよくタイトルみたら
「暴れん坊・・・」ってついてたね(^^;)

とりあえず、どんな松太郎になるのか、楽しみです。
上品な声の方が、粗野な言葉を使うのとか
ちょっと好きwwwなので、うまくはまるとすごい、よさげでは〜〜?(^^)


マツケンさん、ちば先生のインタビュー記事はこちらに。
コミックナタリー
「松平健、暴れん坊力士に!「のたり松太郎」アニメで主演」


Category : 映像
Posted by akeru on  | 2 comments  0 trackback

「漫画家による仏の世界展」にちばてつや先生参加

http://butsuga.jp/
日本の漫画家50名が、独自のタッチで「仏」を描く展覧会に
ちばてつや先生も参加。

◆第1回開催 
開催地: 世界遺産 京都 教王護国寺(東寺) 東寺食堂
京都府南区九条町1番地 
期日: 2014年3月20日(木)〜4月6日(日)
開催時間: 9:00〜17:00 (閉館30分まで入場可)
後援: 京都仏教会、読売新聞社、京都精華大学
入場料: 大人500円 子供(中学生以下)300円 (前売券は大人のみ)

◆第2回開催 
開催地: 東京 増上寺 本堂下三縁ホール
期日: 2014年5月1日(木)〜5月13日(火)


この世界に誇れる漫画文化の継承として、現在活躍中の著名な漫画家に
それぞれのタッチで「仏」を描いてもらい、有名寺院などで展示会を開催するプロジェクトを展開、
今回が1回目の開催となる。

今回の開催地は、漫画の祖といわれる「鳥獣人物戯画」が生み出された京都にこだわり、
東寺(教王護国寺)となる。

展示作品は、絵の大きさが基本B3サイズ(漫画家により別サイズのものもあります)で、
作品とともに、画題や、各先生方の写真と紹介、
それぞれの絵に対する想いやコメントが添えられております。



Category : イベント
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。