あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

ジョーエキストラ

緊急募集で女性にも声がかかったので、
27日、ジョー実写エキストラ、行ってきましたよ。

昨日の撮影は、ひたすら座っているだけでしたので
寒かったです(笑)
セッティングなどで、待ちが長いので
最後はちょっと眠くなってしまいましたが
これほど、映画の場面作りは手間がかかる、ということを
体感した1日でもありました?。

昭和の設定なので、服装や声援なども
意識してくださいね、
ということでした。
自分、思い切りアニメジョーの声援を、
思い出せる限り総動員しました(笑)


5/3、4も昼からの参加で、最終確認出しました。
当日参加される皆様、よろしくお願いします。



拍手する

関連記事
スポンサーサイト
Posted by akeru on  | 9 comments  0 trackback

拍手コメントお礼!

拍手コメントへの返信です?。
以下、いつもどおり反転文字ですー。


Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

ようやく発表、力石徹は伊勢谷友介さん

ちらほら、漏れ聞いていましたが
ようやく正式に発表されたみたいですね。
http://0409yamap.blog122.fc2.com/blog-entry-1166.html

スポーツ報知の記事によると
階級が下のジョーと戦うために地獄の減量に耐えた力石だが、
伊勢谷の減量も過酷だ。体重65・5キロから61キロに落として3月30日、
クランクイン。続いて6キロ増量し、やせる前のシーンを撮影。
ジョーとの決戦までに今度は60キロ以下まで落とす予定。


ところで、こちらにちらっと出ている画像は伊瀬谷さんなのかな?

気迫と執念…映画「あしたのジョー」力石徹役は伊勢谷友介

日テレNEWS24

Posted by akeru on  | 6 comments  0 trackback

拍手お礼!

トークイベントへの拍手コメントありがとうございます!!
以下、お礼コメントです?。


Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

永井豪記念館で、ちばてつや先生トークショー

コミックナタリーからの情報です。

石川県輪島市の永井豪記念館が開館1周年を迎え、
トークショーや握手会などの記念イベントを開催するとのこと。

輪島市文化会館大ホールで4月25日に行われるトークショー
「ふるさとからの一歩?成功への軌跡?」には
永井豪先生、さいとう・たかを先生、ちばてつや先生が参加とのこと。
長年マンガ界を牽引し続けてきた巨匠3人が、日本のマンガ界について語る予定。

事前申し込みはメールまたはFAXで4月19日まで受付中。
詳細は永井豪記念館公式サイトで確認を。


永井豪記念館 開館1周年記念イベント

トークショー「ふるさとからの一歩?成功への軌跡?」
日時:2010年4月25日(日)10:00?
会場:輪島市文化会館大ホール
住所:輪島市河井町20-1

Category : イベント
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

ガンリキのあしたのジョートークライブ、行ってきました!

4/1、阿佐ヶ谷ロフトAにて行われた
「あしたのジョー40周年記念イベント始動!Vol.0
あしたのジョー芸人トークライブ『泪橋』」
行ってきました!

濃い、濃いぃトークライブで
笑いあり、涙ありで、本当に充実した時間でした。

当日の会場のライブ映像が、こちらにて
配信されている
そうですので!
ぜひぜひ、その目で、その耳で(笑)ご覧ください?。


ということでここでは、個人的に気になったり、心に残った発言を
いくつかとりあげておきます。
(といいつつ、長文になっちまったぞ???)

第1部での芸人さん達のトークバトル?は、
マニアックなチョイスがかな?りよくて
大いに楽しめました。

西が「紀子はん」以外に、「紀ちゃん」と呼んだっけ?
なんて話が出ていましたが、
ジョー2では、「紀ちゃん」といっていた気がしたけど
‥‥‥今度確認してみよう?。



ジョーがトマトのサンドイッチは、
ただの好物ではなく、
ボクサーだから、体調管理のために
好んで食べていただけかも?
という
ボクサー視点の読み方も、楽しかった。

でも、ヤスさんが、自分の好きな人物の好きな食べ物を知れた時って
なんか嬉しい
、という気持ち、すごい解りましたよー
それにトマトのサンドイッチ、というチョイスが
なんかストイックな感じで、よかったよな?。



ガンリキ佐藤さんの段平物まね、
というか、段平の絶叫、楽しかったわー。
グっさんが、最近は公式扱い?ですが、佐藤さんもよいですね。

ちなみに、少年院での石をにぎったジョーを怒る段平のくだり、
連載時は、左の走り出す丸々1ページは、なかったんですよね。
コミックス収録時に、新たに描き足したページです。
よく見ると、ジョーの顔が、力石戦後の顔です。



段平さんの出身地推理も、コアな話題でナイス。
東京の下町かな?というのが、佐藤さんの推理でした。
皆さんは、どう思います?
私のイメージ的には、故郷からは遠く離れて‥‥って感じていたので
東京じゃないとこかな?とは思ってました。
でも、東北とか、北陸って感じではないですしね。
難しいなあ。



葉子派、紀子派のバトルも、思い入れたっぷりで
大いに盛り上がりました。

改めて紀ちゃんの献身ぶりは、ほんとすごいわ?。
そういいつつ、自分はジョーの顔にうっとりしちゃったわ
(だって、紀ちゃんに治療してもらっているコマの
右のコマ、あの流し目のジョー!
なんて、なんて色っぽいの!!!!!
そこに目が釘付けだったよ!)


この献身ぶりがあってこそ、あの離別が際立ったんだな?。

****

2部は、ちばてつや先生と高森篤子さん(梶原一騎氏の奥様)を
迎えてのトーク。
こちらは、笑いもありましたが、本当に涙が出てしまうような
深いお話も聞けました。

とはいえ登場した際、ちば先生が段平のかぶり物できた時は笑ったわー。
篤子さんが、めずらしく洋装でした。(たいていは、和装)
サイン会の時伺ったら、洋装はこういう場では初めてかもね、と
笑っていらっしゃいました。



篤子さんがジョーの一生を考えると、かわいそうな子、といって
梶原一騎さんの生き様、最後とを重ね合わせて
涙されていたのは、重く、心に深く伝わってきました。

本にもありましたが、入院し、体を起こすのも、
死につながる様な状況で、仕事を続けていた梶原先生。

戦って進んでいかないと、明日がこない、
男としての自分を保つためには
進んでいくことを止めることができない。


これを見た時に、
奥様は、ジョーと梶原先生とを重ねて
ジョーの生き方を理解できたけど、悲しかった、と‥‥。



結婚式の紀子の表情について、
ちば先生も印象に残っている1コマだそうです。
すごく描くのに時間がかかったそうで、
よく、覚えているそうです。

紀子の複雑な気持ちを思うと、なんともいえない、
でも本心が出た表情だと思います。
と話してくださいました。



ちば先生の印象に残ったシーンとして、
ジョーが紀子に真っ白になりたい、と語るシーンで
そっと差し出した手のひらの1コマ
小さなその1コマが、とても印象に残っているそうです。

これを聞いたとき、
薄暗闇から、すーっと差し出したジョーの手のひらが
ふわーっと思いおこされて、私もぞくっとしました‥‥‥。

ここの一連のシーンは、先生も大変印象深いようで
細かなコマの進みや心理を、
ゆっくりと語ってくださいました。

そういえば銀座の画廊での個展で
こちらの原稿が飾られていました。
先生が、熱心にそちらをご覧になっていたので
話しかけてみましたら、
「ここは、いいシーンなんですよね」と
話してくださったのを思い出しました。



ジョーはまだ、生きている、という発言がちば先生からあり、
それはなぜか、との質問に

ラストシーンを見る度に、
自分のその時々の体調で思いがかわる
自分が弱っている時は、ジョーも死んでしまった、と感じるが
元気いっぱいのときは、明日に向けて、また、立ち上がってくるんじゃないか、
と思える。

‥‥そう語ってくださいました。
で、なんとなく、最近思うのは
これが実は一番、素直なジョーのラストの感じ方かもしれませんね。
生死をはっきり決めて固定するものでは、ないんだなあ・・と。

私が十代の頃に読んだ時は、
美しい終焉、的な気持ちもあったのか、
死んでしまったのだ、それ以外はいや!と
思っていましたが、
何十年ぶりにあった、かつてのジョー仲間と話したとき、
あの頃は、自分もそう思っていたけど、
やっぱり、死んだらおしまいだよ、
生きていてこそ、なにかまだ続くんだよ、
と話してくれて、ちょっと驚いたのを思い出しました。

とはいえ、まだジョーが生きていて
じゃあ、今どんな生活しているの?なんて
リアルな想像は、したくない(笑)
やっぱり、ジョーはあの青春のまま、ずっといて欲しい。
だから、私はジョーを殺しちゃうのかもな?って
思うこの頃です。
いやーん、押しつけだよね?、
ジョーにしたら、まさにいい迷惑だわ(笑)




今回、初めて知ったのですが、
林家は、ちば先生のご実家でやっていた
乾物屋がそっくりモデル
だそうで
お店の佇まいや、自転車で配達する様子等
そのまま再現されていたそうです。

林家のおやじさんもちば先生のお父さんがモチーフだそうです。



篤子さんは、力石がタイプらしい(ウフ!)



ライブの最後は、ちば先生がその場で描かれた、
葉子のイラストの色紙を1名にプレゼント!
黒いピアスで、大人っぽい葉子でした?。
当たった方、羨ましい!!!!!
おめでとうございました???!!



サイン会では、「カーロスのモデルはありますか?」と
伺いましたら、
当時のベネズエラのボクサーを色々みて
思いついた顔です。
と話されていました。

力石のように、具体的なモデルがあるのか?と
さらに突っ込んで聞きたかったのですが
時間的に厳しかったので、次回さらに突っ込んでみたい。



篤子さんには、筆ペンを使いたい、と話されて
筆記具に困っていらしたので、
ちゃっかり、自分の筆ペン、お貸ししちゃった???。
ちょっとインクの出が、薄かったので
申し訳なかったですが、最後までそれを使ってくださったらしく(←多分)
えっへっへ!です。
(最後、ちゃんと筆ペン回収してきましたよ、もちろん!)


****

楽しい企画でした。
それに思いがけず、以前からのジョー友達ともたくさん会えたので
最高の夜となりました。

7月にまたライブあるそうです。
また熱いトークが見られるかもしれませんね。

ガンリキ佐藤日記

Category : イベント
Posted by akeru on  | 3 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。