あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

葉っぱくわえるのが好きなのは、昔の不良

引き続き、仕事しないとモード中ですが
ジョー祭りが今日最終日なので、頑張ってお絵描きBBSで描いていた、ら、
うっかりボタンを間違えて、データ消しちゃったよ‥‥。うお‥‥‥。
念のため、線画のみピクチャーしておいたのでこれだけは、手元に残ったのだけど……。
もう今、色入れる気力が無くなってしまったが、くやしいのでこっちに残しておく。
祭りには、少し前に描いていたジョーをおいてきました。
あの海と空は気にってます。

pic1.png

拍手する

関連記事
スポンサーサイト
Category :
Posted by akeru on  | 13 comments  0 trackback

最初(BlogPet)

きのうは最初っぽい苦労したかったみたい。
それでakeruで葉子を一緒しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「イチジョー」が書きました。

Category : 未分類
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

近況‥‥

すみません、先週末はビックサイトのかの祭りにお手伝いに行き、
翌日はJ-WAVEライブに行って遊び回ってきたら
仕事しなくちゃいけません今週……となっております。
来週も引き続き、そんな感じになりそうですので、
色々お返事とか更新とかが遅れそうです。
いや‥‥むしろ、今迄もこんなペースだったか?‥‥今更???

ダヲスさんが紀子ちゃんのバトン受けてくださいましたー。
こちらをどうぞ!



さて、ここからはジョーとは無縁のつぶやきなので、
興味ない方は読み飛ばしておくんなせい。


54.png


本日「僕等がいた(12)」12巻買って来たが、
あの表紙はなんですかあ、本屋で見当たらなくて聞いちゃったよ、
目の前に山積みしていたのに、恥ずかしかったよう。
来月発売のベツコミに着せ替えコミックスカバーがつくらしいのだが‥‥
つまり矢野のカラー表紙が欲しければ、ベツコミ買わないといけないっつーことなのね‥‥。
いや、矢野が表紙とは限らないけど、いや、きっと矢野だよ!

しかしやっぱり、私は山本さんだめ‥‥‥。
彼女なりの苦しみや、周囲の無理解もそれなりに、わかる気はするけど
「あなたは私なんかより恵まれているんだ」‥‥って
そういって、人から大事なものを奪い取っていく人としか、感じられない。
私の心の奥底に、対人恐怖症のような気持ちが潜んでいるので
山本さんがホント怖い。
リアルに結婚するなら竹内君の方が幸せになれるとは、思うのですが、
やっぱり、矢野と七美が一緒になって欲しい。
矢野が七美とまた一緒に笑顔をかわせるようになって欲しい。

Posted by akeru on  | 3 comments  0 trackback

ヒストリーチャンネル「マンガが戦争を描く時」

ちばてつや先生のサイトで告知があったのに、うっかり失念していたのだが、
昨晩(8/15 PM8:00?9:54)偶然にも鑑賞できた。

49.png


はだしのゲンの作者中沢啓治さんの、これまでの道のりや現在の活動をメインに
色んな立場の漫画家が、それぞれどんな思いで戦争を題材にしたマンガを描いたのか、
描いているのかを語る内容だった。
(色んな立場というのは、出征した人、被爆と戦っている人、戦争を子供の時体験した人、
戦後生まれの人、戦後を生きているからこそ戦争を考えなくてという人、
今も戦争の苦しみと戦っている地の人、そんな立場)

他とりあげられていた漫画家は
水木しげるさん、ちばてつやさん、里中満智子さん、かわぐちかいじさん、比嘉慂さん

今回初めて知ったのだが、海軍が発行し、戦線の兵士のためだけに作られていた雑誌、
戦線文庫」というものがあった話が興味深かった。
戦地の兵士の士気高揚のために、内地の検閲、統制とは切り離され
日常生活の話題や笑い、化粧する女性の挿絵や、娯楽小説、はては女性のグラビアまでと、
本当にこの時代の雑誌なの?と思えるほど、ゆるやかだが
自由な表現や笑いがいっぱいの内容であった。
この雑誌の読者は、明日は死んでいるかもしれない、という中で読んでいたのだ、
ということを知るにつけ、なんだがひと時の夢、幻を詰め込んだもののようで
寂しい気持ちがふわっ‥‥と広がる感じだった。

ちば先生は、全体10?15分強くらいの内容だったか、
紫電改のタカ、屋根裏の絵本描き、をとりあげて
満州引き上げの話、
タカを連載時、戦闘機をスポーツもののように扱うことへの抵抗に苦しんだ事などに
触れられていた。

戦争時の事は、あまり思い出したくないし話すのもはばかれる、
けれども、マンガで描いたら少しは体験を柔らかくして、
皆に語れるかなあと思って「屋根裏の絵本描き」を描いたと話していました。
あの隠れ住んだ屋根裏で、マンガを描いて人に喜んでもらう体験をしたことが
マンガを描く原体験にもなった事も、改めてお話していました。

タカのラスト、城太郎は特攻するために出撃する。
その日、母とノブちゃんが慰問のために、基地のある駅に着く所で終わってしまうが、
ちば先生は「とても城太郎が戦闘機でつっこむところまで
描けません、描けませんでしたよ、」と言葉を少し強くして言っていた。


他漫画家さんの取り上げられた作品も、どれも厚みのある内容であった、
その中で印象に残った部分を少し‥‥。

中沢さんの娘さんが、
マンガで原爆を扱うことで、原爆で食っている、と
父や母へ誹謗もあったそうだ、と
ぐうとこらえるように、でも目をしっかり開いて、話した一言が響いた。

比嘉慂さんのマンガが、さらりとあらすじを紹介されただけだったのに、
ぽろり、と涙が出て来た。

再放映の予定/17日(金) 20:00
       19日(日) 21:00



えーっと最後に不謹慎な?話題。
ちば先生のいつもの応接間でインタビュー受けていらしたのですが
窓際の上の方に、EDWINのミニポスターがずらっと飾られていました。
昔、このジョーと力石とおっちゃん、はお店で見た事があったのですが
なんと、葉子のものもあったのを、ここで初めて知りました!
葉子が髪を結い上げて、豪華なソファに座っている絵をベースにして
ジーンズはいているわけです!
うわ、ちゃんとみたい??!!!画面ではちらっと、ボケッとしか映らないのだもの!!



以下、拍手のお礼‥‥

Category : 映像
Posted by akeru on  | 5 comments  0 trackback

行ってきました男鹿和雄展

oga4.jpg


8/8にNさんと男鹿和雄展に行ってきました。
もちろん、目当てはあしたのジョー2の背景画、なんてマイノリティな私たち!

人手が多いという情報は聞いていましたが
平日の午前中でも、10?20分待たされる感じで盛況でした。
入って最初のステージがジブリ作品以前のものが中心となっており、
しょっぱなからグラウンドで番場が八幡先輩にともえ投げ?されているみたいなシーンの
ハーモニー画の展示だったので「番ちゃんだ、番ちゃん!」と
いきなりハイテンションとなりました。

次にギャートルズやガンバ、宝島などが続き、
(それぞれ1枚ずつが展示されていていました)懐かしいね?と見てはいたのですが
私たちは、更にその先のジョーの背景にすでに釘付け。
48.png


ジョー2は3枚展示されていました。
男鹿さんの初美術監督作品です。
橋の下の丹下ジムから、ジョーが出てくるシーンのハーモニーがあって
ちっこいジョーに二人で大盛り上がり!
泪橋のポストカードとかないかなあ、と言いながら二人で真剣に見つめてきました。

後半のジブリ作品群は自然の描写がやはり秀逸。
森林や空の数々もさることながら、濡れたアスファルトにたまる雨水など
日常をよく観察していないと、気がつかない風景もたくさんありました。

背景画以外にも、アニメショーン化した際の背景画の使い方なども
実地に展示されていたのが、おもしろかった。
今はデジタル上で合成されてしまうけど、
アクリルプレートのようなものに背景を張り込んで、それを5段くらいに重ね並べて、
その間にキャラセルを挿んで動かしたてみたり、
ヤックルが谷を駆け下りるシーンでは、1M50cmくらいの長さにまで、
背景を数枚つなげていたり(しかも映像にすると、シーン4秒くらいだし!)など
撮影手法と背景のかかわりが直接見られてよかった。

最後の展示室は、自由にトトロの折り紙を作って撮影したりなどできる
娯楽コーナーとなっていました。
鈴木敏夫さんの折ったトトロがあったのでパチリ。
oga2.jpg


「紅の豚」から、飛行機から望む風景を体感コーナー。
丸い窓から背景を覗きみると、眼下にパノラマが広がる?。
oga1.jpg


男鹿さんの趣味なのでしょうか、自作の亀の折り紙も展示されていました。
そういえば、会場に設営された、男鹿さんの仕事デスクの再現でも
これ机上にあったなあ。
oga3.jpg


なかなか見応えのある展示会でした。
カタログは、お高めでしたので、ジョーのところだけ立ち読みしてきました(笑)。
以下、記憶の文章。
「前回のシリーズが迫力あり、荒々しい勢いがあったので
それを再現しようと苦労した。
デルマトグラフを使ってタッチを出したり、平筆のみで1枚を仕上げたりなどした。
小林(七郎)さんにも、アドバイスいただき助けられました。」

やっぱ、ジョーとは切っても切れない、デルマですね(笑)
どうでもいい話ですが私は、デルマってダーマートグラフと言ってました。

以下続きは、拍手お礼?。

Category : イベント
Posted by akeru on  | 4 comments  0 trackback

八ヶ岳

yatugatake.jpg


8月17日の『最高の日』祭りに描いてきたのですが、
どうにも色塗りが気になって仕方なかったので、もう一度塗り直してみた。
それでも、まだこれといった仕上がりにならなかったのだが‥‥。
特にジョーの場合、髪の毛をどう塗るか、かなり悩むよね‥‥。


以下拍手のお礼です(8/7筆)

Category :
Posted by akeru on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。