あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

サイン会になりました

2006年5月25日、ちばてつや先生デビュー50周年の記念日。
再度、展示会場に行ってきました。
来場者には記念品として、ちば先生のイラストが入ったボールペンが配られました。
イラストの出典先は「だからマンガはやめられない」の表紙から。
漫画帳

この日は急きょサイン会が決まったので
一緒に行った友人らとで、先生へお祝いに色紙を贈る事にしました。
しっかりお嬢さんからもコメント書いていただいて色紙完成!
手渡してきました。

プレゼントした色紙

サイン会始まってしまうと、みるみるうちに人だかりが出来て
大変なにぎわいでした。
今回は、サインをいただいてからすぐに会場を出てしまったので
その後の様子はわかりませんが、
先生に絵をみてもらって感激しているファンの方などもいたりして、
熱いファンが多く来ていました。

サイン中の先生

ビデオカメラが入っていたけど、どこかのニュースで流れたのかなあ。

-------------------------
毎日新聞にちば先生のインタビューが掲載されていたのでリンク。
「大学で漫画を教えて1年 デビュー50年・ちばてつやさん」

拍手する

関連記事
スポンサーサイト
Category : イベント
Posted by akeru on  | 4 comments  0 trackback

行ってきたぜ、ちばてつやデビュー50周年原画展!

ギャラリー80

初日、ちょっと遅刻してしまったが開展時刻に合わせて行ってきました。
すでに多くの人が来ていて、会場は超にぎわい!
ちば先生の奥様とお嬢さんが、切り盛りされていました。
原画は、ざっと20数点ほど。
少女漫画から最新の8/15展への出品画まで、まんべんなく飾られていました。
原画の時代に並行する形で、ちば先生のプライベート写真のパネルも飾られており
先生と漫画生活の歩みを感じられる様になっていました。
全ての原画や写真の選択は、お嬢様がされたそうで、
なるほど、家族らしい視点の楽しい雰囲気が伝わるものが多かったです。
また、原画も普段あまり展示会では見られないものも出品されていて
嬉しかったです。

モノクロ画で力石の百面相のような絵がありました。
普段の力石からは想像もできないくらい、おちゃめな顔が描かれていたのですが
最初、いつ描かれたのかも、なにのためかも解りませんでしたが、
お嬢様が「多分携帯のサービスの絵だと思います」と教えてくださいました。
なるほど、コミック@メールのサービスでした。
しかし、こんな愉快な力石、貴重かも‥。

色紙見本

ちば先生はお昼過ぎに登場。
あっというまにサイン会となってしまい、ファンに取り囲まれていました。
サイン時に押してくださる、水島先生作という石のハンコ以外にも、
写真をハンコにしたような先生の「顔ハンコ」なども増えていた!
小さな木箱に入れて持ち運んでいましたよ。

ギャラリーは通り沿いに面した、ガラス張りの会場。
外からでもちば先生がサインされているの様子がよくわかるので
一時は、入り口外にも人だかりができていました。
修学旅行の生徒なのか、数人の学生がその様子をみて
「ちばしげる?ちばしげる?」と言っていたのですが、
なにゆえ、しげるなんじゃい!(苦笑)

初日だけで800人ほど来場あったそうで、
当初土曜日最終の予定でしたが、日曜まで延長されたそうです。

さて!
木曜日はデビュー記念日当日だ!
また、行くよ!(笑)
ちばてつや50年の足跡

Category : イベント
Posted by akeru on  | 8 comments  0 trackback

あしたのジョー劇場版 メモリアルDVD-BOX発売

あしたのジョー劇場版がメモリアルDVD-BOXとして
デジタルリマスターで新たに甦る、そうだ。
ちば先生の漫画家デビュー50周年ということで、色々出るんだね。
そういや、25周年の時はパルコで大々的なイベントやったね?。
ファンクラブで受付のお手伝いとかしたなあ。
その頃、寺山修司氏もご存命でちば先生と対談とかしていた。
懐かしい。

脱線したが以下、DVD-BOXの概略‥‥‥
あしたのジョー 劇場版 <デジタル・リマスター版> メモリアルDVD-BOX (5000セット完全限定生産) /

「あしたのジョー [劇場版]」第1作を、最新の技術でデジタル・リマスター化。
パンフレット、チラシといった劇場公開当時のアイテムを復刻版として封入、
“超像革命”シリーズでお馴染みのメディコス社製「あしたのジョー」フィギュア、
オリジナルカラー・ヴァージョンを封入し、ちばてつや漫画家デビュー50周年の
記念すべき年に、豪華愛蔵BOXで再登場。


<封入特典>
●“ジョーvs.力石”オリジナルポートレート(ちばてつやサイン&愛蔵ナンバー入)
●復刻版劇場用パンフレット(縮刷サイズ)
●復刻版B5チラシ(2種)
●メディコス製“超像革命”フィギュア・ゴールドエディション
“矢吹 丈”or”力石 徹“(どちらか1個封入)
●豪華オリジナルブックレット(予定)
●オリジナルBOX
※本商品は「劇場版1」のみの収録になります。「劇場版2」は収録されておりません。
<映像特典>
●劇場予告編+チーフ・ディレクター出崎 統×あおい輝彦インタビュー映像(15min.)
1980年/本編153分+特典映像/16:9LB/ビスタサイズ/片面2層/
音声:日本語ドルビーデジタルモノラル

発売日: 2006/08/25
価格: 9,800円(税抜)
組枚数: 1
規格品番: DXDB-0012
発売元: デックスエンタテインメント

Category : 映像
Posted by akeru on  | 2 comments  0 trackback

力石の葬儀、覚え書き

力石の葬儀についてきちんとまとめたことがないと
今さら気が付いた。
そのうち、きちんと整理したいとは思いつつ
今はとりあえず、おもいつくままに書きとめとく。


●少年マガジン誌上での葬儀の特集、4ページほどだったかな?
 その後、これをベースにした再録がよくみられる。

●渋谷ジャンジャンで、力石徹の葬儀の再現劇
 中央にリングを設置し、歌と絶叫のパフォーマンス
 昭和精吾さんが当時の読み上げた弔辞(詩)を朗読、絶叫

●CS系列TVの葬儀に関する特別番組
(放映1回しか見てないので、記憶曖昧な点多し。ビデオ見直さないとね‥。)

 寺山氏にジョーを紹介したという当時の劇団員の方がいた、
 そうか、毎週マガジン読んで感銘したわけじゃなかったのか、と
 思ったのが率直な感想。
 昭和さんが見た目老け込んでいたが、再度朗読した弔辞は
 ゆったりとかみしめるような口調で、よかった。

●どこで見られたのか忘れたが、ワイドショーなのか、梶原&ちば先生が
 葬儀についてインタビューされる映像がちらっと流れたので、びっくりした。
 動く映像あったんだーーー!

●アニメ夜話で、ゲストアニメーターの方が
 当時の葬儀に、子供の頃参加したという話を披露。

●当時マガジン編集だった方の回想本
 内田勝「「奇」の発想―みんな『少年マガジン』が教えてくれた

 宮原照夫
 未読だが、最近本を出されたらしい、葬儀ネタはないかも?
 「実録!少年マガジン名作漫画編集奮闘記

Category : イベント
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。