あしたのジョー備忘録

あしたのジョー関連の情報や話題を思いつくままに‥。 更新ボチボチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

Posted by akeru on  | 

おにいさまへ‥

蕗子さま出崎作品で、はまったひとつ「おにいさまへ‥」
本放映時は、見れなかったのですが、ようやく2?3年前の再放映時に鑑賞。

いいわ、いいわ
とっても引き込まれたわ。
出てくるキャラクターが、どれもこれも『何を考えているんだ?!よくわからん』
奈々子じゃないけど、この人たちのこの行動の意味を知りたい、で見続けました。

なにやら、アニメ夜話では、出崎演出がくどいだ、過剰だ、あれを少女マンガでもやるのかと言われていたが、あれは、あの作品に合っていたと思うぞ。(←まだ根に持っているらしい、自分‥‥^^;)
私からすれば原作の方が、もっと感情が過剰で、画面一杯乙女チックが溢れている感じがするもんな。

という感じで見続けていたが
最後の方に来て、実は一番私が気になっていたのは
蕗子様だったと、気がつくのでした。

そして、ソロリティハウスでの最後の演説。

『誇り』

この言葉は、それからの出崎作品を見る上で、
非常に私の心に、ひっかかってくるようになりました。
‥‥‥‥蕗子様の言わんとした(出崎監督の考える?かな)、誇りってなんだろう。

これは、その後やっぱり遅れてみる事ができた
OVAのエースをねらえ2やファイナルステージにも
投げかけられていた言葉と思うのです。
あのお蝶婦人を使って‥‥。




また、そのうち続きを書きましょう。
まだ、自分でもなにが言いたいのか、見えていないしね。

Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

NEO超像革命、あしたのジョー編2

またまたメディコスからフィギアが出ますね。
なんかカーロスがいい感じです。つーか、いい男になっとります。
あと金、ウルフ、ハリマオの三つどもえも、なかなか。

2004年11月30日(水)、セブンイレブンにて先行発売がスタート。
一般量販店での発売はその1週間後からになるそうです。

NEO超像革命 「ジョー&飛馬」あしたのジョー2
@399円 × 12個(1BOX) = 4,788円

Category : グッズ
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

アニメのジョー

セル画
アニメ夜話見てから、色々不満めいたものを感じて、ぽつぽつ考えていたりしたが、
あしたのジョーは、名作漫画としては、一般的にも確立しているが、アニメは実はジョーファンが思っている程、名作として認知されていないのだなという思いが、浮きあがってきた。

時代色の濃い作品ではあるので、80年代に作られたジョー2で、ジョーがいわゆる不良とか浮浪児であったというのが、設定の違和感を感じられたりする点などは、仕方ないのかもしれないが、一番の違いは、やっぱりラストをすでに迎えていた事にもあったと思う。

ジョーが燃え尽きて死ぬ、というイメージを喚起させる漫画のラストを
時代を経て見つめ直した時、死へ特攻するかのような進み方を、出崎氏は嫌っていた。
出崎作品の「宝島」などでも、シルバーが他者から見れば敗者のような立場になっても、生きてなおも進んでいく姿が描かれていたが、本来、出崎監督の考えるジョーの生き方は、これである、と思い作っていたのではないかなあと思う。
(シルバーは、力石の姿のイメージを重ねてキャラ設定されたというが、私は、中身はなんとなく、ジョーに思えて仕方なかった。)

ジョーは、心を口にしない。
本当は、どういった記憶や気持ちで、ホセ戦へと急いだかは、
原作では具体的には、語っていないのだ。
そこをどれだけ、ジョーからすくいだしていくか、ここがジョー2のひとつのテーマであったと思う。
虫プロジョーは、共に疾走していけた。
流れる汗と涙にまみれて、進んでいけばよかったのだ。

そこが、いわゆる、「きれいになってしまったジョー2」として、誤解されてしまう点ではないかなと、思った。


しかし、面白い事に、ジョーのよかったエピソードをなどを人から聞くと、ウルフが30万だまし借りたが、かえしに来た話だったり、カーロスとの公園での話だったりなど、アニメオリジナルな部分を、あげてくる事が多い。

透過の効果や、止め絵など、なぜか表層的な演出ばかり語られてしまう出崎監督。
人の心に残っているのは、すばらしいキャラクターのセリフやエピソードの数々なのに、これは、どういうことなのか‥‥。
宮崎監督が、こうも一般に浸透しているのは、宮崎作品の質の高さももちろんあるともうが、媒体側からの情報の多さやとりあげ方の多さ、宮崎アニメはいいという刷り込みが、下支えになっているのだと感じる。(ファンの人、すみません。でも、そう感じてしまうシーンは、よく目にするのだ。)

虫プロジョーとジョー2がこれから、アニメとしての評価をどんな位置付けに変化していくのか、非常に気になる事だ。
このままでは、ジョー作品やジョーファンが分割され、アニメと漫画にあったはずの思いの一体感が、まったくなくなってしまうようで、ひどく、ひどく寂しい。


ところで、発端のアニメ夜話‥‥、
可能ならば、あしたのジョー2を取り上げて語ってほしい。
虫プロジョーの話は、ほとんどできていなかったじゃないか、だったらジョー2として、思う存分、語ってくれよ。

なーんてね。

あしたのジョー、あしたのジョー2/DVD
宝島/DVD

Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

テーマソング

なにげに発見したので、記録しておこうか。

レスラーのテーマソングって、自分の好きな曲を選ぶらしいが、
この方はジョーファンなのか、この歌が好きなのか。(^^)

望月成晃さん(悪冠一色 ):テーマ曲「傷だらけの栄光」おぼ・たけし

>お台場冒険王の毎日プロレスイベント
>話題沸騰の “ビジュアル系プロレス団体” DRAGON GATEがついに「お台場冒険王2004」とコラボレーション!
>大型テント内の特設リングで個性豊かなキャラクターを持つ選手たちが毎日、文字通り所狭しと大暴れします。

Category : 音楽
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

英語でしゃべらナイト

新聞広告からの情報。
NHKの英語でしゃべらナイトの雑誌が本日、創刊されたそうだが、特集として『感動アニメを英語で読もう???ウンチク満載!これが日本のアニメ史』が組まれていた。
ラインナップには、あしたのジョーも!(その他、未来少年コナン、999、火の鳥、ハイジ、ベルバラ、ガンダム、母をたずねて三千里)

本日再放映の英語でしゃべらナイトが、「ゲイシャ、フジヤマ、アニメ…。日本はどのように海外に伝えられてきたのか。」などと紹介されているので、とりあえず、見てみようか。
もし、映像でもとりあげられたら、ラッキーかなあ。
 9/14深夜2:20?2:50

そういえば、NHKの韓国語講座では、前週放映されていた冬のソナタの名場面をピックアップして、韓国語で放映し、内容を振り返っていた(笑)コーナーがあったので、それと似た形の取り扱いだろうか。

---------------------------------------
Commented by akeru at 2004-09-15 10:35

ざーっとビデオでチェックしたが、特にアニメについては取り上げられていなかった。
雑誌の方を見てくるか?。

---------------------------------------
Commented by akeru at 2004-09-16 23:20

本日立ち読みしてきた。
1作品1ページといった割合で、名場面のセリフを英語で表記。
ジョーは、最終回カーロスとジョーの試合中のセリフと
それを見つめてつぶやく葉子のセリフをピックアップしていた。
まあ‥‥‥そんな感じです。

Category : 映像
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

とりあえず、思い付いた事を書き留めておく

BSアニメ夜話つい先ほど、見終わりました。
とりあえずの感想というものですが、なんつーか、思っていたのと違う展開というか、とってもモノ足りんというか、もうちょっと現場の話に詳しい方がいてもよかったのでは?というか、色々‥‥うーーん。
また後で考えて書くかと思うが、なんか出崎さん(出崎演出か?)を、もっときちんと語ってほしかったのだが‥‥。

でも、実際の力石の葬式に参列されたという北方さんのお話は、とてもよかった。
あと、ファンにおけるジョーとジョー2の溝は、この10年ほどで、だいぶん埋まったと考えていたが、まだこだわる人いるんだなあ。

少女受けするアニメという位置付けにジョー2があったという方、おじさん方には多いのか?
なにかアニメのジョー、ジョー2の素晴らしさというのが、きちんと語られていなかったのが、不満の第一なのかもなあ。

とりあえず、即時の感想でした。
なんか残念だよ、もう、これ以降は、取り上げられないと思うと、余計にね。

Category : 映像
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback

とうとう今夜放映だよ

いよいよ、BSアニメ夜話で「あしたのジョー」
今日の夜11時から、NHK-BS2で放映ですね。.
ゲストに山田五郎さんがまた出演されるようですね。
原作の取り上げ時も来ていたし、本当好きなんですね?。
熱列ファンて嬉しいなあ。

そういえば、この番組タイトルの題字って島本和彦先生が書いたそうで。
そんなところも、なにやら嬉しい。

Category : 映像
Posted by akeru on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。